Notice: Undefined variable: PHPSESSID in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 9

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10

Warning: session_start() [function.session-start]: Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php:9) in /home/hanshin-cl/www/hanshin-cl.com/admin/blog/configs.php on line 10
うつ病とアダルトチルドレン/カウンセリング大阪
初めてのお客様QA
最新更新情報
出張講演情報
ワークショップ
喜びの声紹介
阪神カウンセリング・ラボBLOG

スマホからもご覧いただけます。左記QRコードよりアクセスください。

最新更新情報

HOME >> 最新更新情報(一覧)

14年08月27日

うつ病とアダルトチルドレン

うつ病とアダルトチルドレン

 

 アダルトチルドレンという病気はありませんが、これは本人がそうだと認めて初めて生まれる用語でもあります。アダルトチルドレンで有名な人物は、元アメリカ大統領クリントンです。彼は遊説中にアダルトチルドレンを告白したのですが、彼の父親はアルコール依存症でした。アダルトチルドレンとはもともとアルコール依存症の親を持ったり、親が離婚を繰り返したりなどの機能不全の家庭で育った子どもが精神的に不安定な状態で過ごした結果生まれるものです。この生きにくさを本人が認めて初めて「アダルトチルドレン」ということが可能となります。したがって本人が意識しないものはアダルトチルドレンとはいわないのです。

 今では、ギャンブル依存症の親、薬物依存の親、機能不全に陥った家族で育ったと認識している人などすべてを含みます。症状としては、孤立感、周囲への不信、抑うつ状態、無気力、離人感、過剰反応、一貫性の欠如、自己評価が低いなどが出現してうつ病に進展しやすい背景ともなります。

 

 

 

▽阪神カウンセリング・ラボは、お客様のさまざまなニーズに応じる、心の問題の専門相談室です。

▽大阪、神戸の阪神カウンセリング・ラボで、うつ病改善や双極性感情障害改善のカウンセリングを!

▽パーソナリティ障害は、弁証法的行動療法によって有効な臨床成果を上げることができます。

▽境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)でお悩みの方は、当相談室で「弁証法的行動療法」を体験してみてください。

▽パニック発作、摂食障害、強迫神経症、恐怖症は、効果的「折衷法」でカウンセリングを実施します。

▽ストレスは万病の元、その対策のため対処の仕方をお伝えします。

▽大阪・梅田、神戸・明石にある、駅から近い交通の便の良い心理カウンセリング相談室です。